入院費用を借入したいとき、よりお得な方法

キャッシングベスト3

入院のための費用を借入したいとき、よりお得に利用する方法とは

入院というのは、あらかじめ決まっているのでない限りは、事前に予測できることではありません。また、入院するとなったら身の回りの持ち物から着替えも必要ですし、付き添いがつく場合はその人の食事、付き添いが通うのであればその交通費など、かなりのお金が必要なことでもあります。さらに、退院する時に入院費を支払う必要もあります。入院期間が短くても、実際にかなりのお金がかかります。

私も家族の入院に付き添ったことがありましたが、突然のことでばたばたしましたし、付き添う自分の食事代などでかなりお金を使った記憶があります。実際、院内のATMで何度か貯金を下ろしました。もちろん、家族の命を守るためなのでそんなことは言っていられませんが、入院費が支払えるのかどうかも気になりました。

幸いにも保険に入っていたので保険を請求することができたのですが、保険の請求には入院費を支払った証拠になる領収書などが必要になりますので、先に受け取ることはできません。そのため、もし貯金がなかったらどうしていたんだろうと考えます。

もし手元にお金がなかったとしたら、一時的にカードローンを利用して支払う方法が考えられます。しかし、カードローンを利用すると金利がつくので、ためらうという方もいらっしゃるでしょう。ただでさえ出費が多かった後ですから、そう思うのもわかります。そこで、よりお得に入院のための費用を借入するのであれば、無利息サービスを行っているカードローン会社を利用することをお勧めします。

これは、そのカードローン会社を初めて利用する人に対して行われていることが多いのですが、それを利用すれば一定の期間利息を支払うことなくカードローンを利用することができます。そのため、保険がおりてからできるだけ早めに返済をすれば、それだけ金利が少なくて済むことになるのです。今までにそのカードローン会社を利用したことがあったら無理なのですが、そうでない場合はそのサービスが便利です。

ただし、どれくらいの期間無利息なのかはそのカードローン会社によって違いますし、無利息期間が過ぎた後の扱いも違ってきます。また、カードローン会社によっては、例えばポイントサービスに登録しないと無利息サービスが受けられないなどの条件がついているところもあります。そのため、実際に利用するのであればそういった条件まで確認してから申し込む必要があります。

スマホや携帯からでも情報を得ることができますので、病院に付き添っていても電話ができるコーナーや携帯が使用できる個室などであれば十分に調べることが可能です。入院費を支払うためにカードローンを利用することを決めたのであれば、より有利に利用できるように事前に情報を得ておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【アイフルよりオススメ】審査が甘い消費者金融!? All Rights Reserved.